FC2ブログ
  • 2018_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_12

神経性頻尿(心因性頻尿・頻尿恐怖)からの卒業ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

合宿

当時私は、ボランティア活動をやっていて、その合宿が一週間ほどありました。


親の影響もあり小学生以前から参加していて、私の中では長期休暇の楽しみの一つでした。


今回の合宿も、参加申し込みをしていました。


でもその申し込みをしたのは頻尿になる前でした。


当然キャンセル料はかかりますし、何より昔からの仲間に迷惑をかけます。


当日の朝、玄関を出るときまで悩みましたが、特に高熱などにかかることはなく、誰の目からも見えない、泌尿器科の検査でも異常が見つからない、神経性頻尿という病気を抱えた私は、断腸の思いで合宿に参加することにしました。


心配ごとは山程ありました。


それも、今までとは種類が違います。


今まではスケジュールや新しい友人ができるかどうか、活動がうまくいくかどうかなどに気をはっていました。


ですが今回は、現地までの車、スケジュールの休憩の間隔、トイレにいける環境、まず初めに頭に浮かぶのはトイレのことでした。


そして案の定、初めの車から試練でした。


現地までは知り合いの車で、高速を使って2時間の距離です。


今までなら、出発前にトイレに行けば以後は到着までトイレのことなど頭にも浮かびませんでした。


休憩にパーキングに寄ったとしても、トイレなど行かずに飲み物やお菓子を買っていました。


でも、今回は違います。


尿意との闘いです。


車なので同乗者の方に迷惑をかけれないと思い、余計に尿意はひどくなりました。
いつもなら楽しい車内も、私は殆ど会話もせず、赤信号を恨み、我慢で意識を失いそうになりながらも2時間乗り切りました。


到着して車から降りた瞬間、トイレに行けるという安心感で尿意が消えました。


実際にトイレに行くと、前日からほとんど水分を取っていなかったせいか、2時間にしてはかなり少な目でした。


あぁ、私はこういう病気と闘っているんだなぁ
と、改めて思いました。


心の病気といっても、しっかりと尿意があるし限界もくる。
なのに尿意と尿量が比例しない。
心と身体のバランスがおかしくなるとは、こういうことだと思いました。


そして、合宿が始まりました。


書いたらキリがないですが、とにかく辛かったのは屋内活動です。


本来なら、屋内活動の方が楽なはずですが、決められた拘束時間が私を苦しめました。


学校であれば半日耐えれば、家で休めますが、一日中尿意に神経をすり減らされていました。


休憩の度にトイレに行くので、便器に立っても全く出ないことが何度もありました。


それでも尿意というか残尿感みたいなものは消えませんでした。


屋外のボランティア活動は、少人数体制でいつでもコンビニやスーパーにかけ込めたので、精神的にはかなり楽でした。


この合宿で楽しめたのは屋外活動だけでした。


そして、限界をこれでもかと擦り減らして、一週間の合宿が終わりました。


帰りの車はパーキングに一度寄っていただけたので、行きよりは楽でした。


この症状を健常者の方に伝えるのは、すごく困難です。
私の場合だけかもしれませんが、家で感じる普通の尿意とは別物だからです。
最初のころは我慢すると痛みもありました。もちろん医者では異常なしと判断されています。
あえて形容するとすれば、舞台を控えて緊張して尿意が限界にきているのに、出番1分前でトイレに行けないといった状態が続く感じです。
伝えたいことは、最初から『限界だ』ということです。
私の場合は、家などでの普通の尿意のときは我慢できますし、少し我慢したら何度かは尿意が引きます。
そして、溜まっているのがわかります。
でも、神経性頻尿は常に切迫した状態なので、常に脂汗全開なのです!

ちなみに、今は昔ほどではなくなりました。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 高校2年生
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。