• 2018_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_08

神経性頻尿(心因性頻尿・頻尿恐怖)からの卒業ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

月曜日

そしていよいよ、心療内科受診後、初めての一週間が始まりました。


お医者さんからの説明で、薬は一日一錠、効き目は3時間と聞いていた私は、どのタイミングで呑もうか悩みました。


しかし、やはり効き目を早く試したかったので、一限目が始まる頃に合わせて、学校の最寄り駅で呑む事にしましたが、いつも一緒に通学している友人にはバレたくなかったので、駅のトイレに入ってコッソリと少量のお茶で呑みました。


そして、いよいよ一限目の授業。


授業開始直後「今日は薬を呑んだから大丈夫!」
と自分に言い聞かせて安心したつもりでいました。


しかし、10分も経つと下腹部に嫌な感じが押し寄せてきました。


普段の、尿が溜った時の尿意とは違う、緊張した時に一気に押し寄せる、神経性頻尿特有の尿意です。


「あぁ、ダメかぁ・・」


すぐに心が折れました。
そこからは、いつもの尿意との戦いです。


もちろん授業は耳に入りません。


ですが、数学の授業じゃなかったことだけが救いです。


ここから話が少し脱線しますが、私の高校には恐怖の数学教師がいました。


どのような形容詞を使っても、説明できないほどの恐ろしい人です。
ちなみに別の高校に行った友人も、なぜかその教師の噂を知っていましたw


その教師は、一瞬でクラスを軍隊のようにしてしまう人です。


前の学校は、生徒への暴力が激しすぎて辞めさせられたと言っていました。


しかし、本当に怖いのは暴力ではありません。
むしろ、殴って、蹴ってくれたらどれだけありがたいか。


私も一度、私の『前の席』の子が、問題を答えられなくて怒られている最中に
『下を向いて目をそらした』という理由で「お前は『自分は関係ない。』みたいな顔をしやがって。汚いヤツやな。人間のゴミめ。」と言われて蹴られました。


ついでに私の横の子も殴られて、メガネが壊れました(後に教師が弁償しました)。
ターゲットにされるのはもちろん嫌ですが、付近の生徒や同じような前科持ちの生徒への、とばっちりが必ずあるので、それが嫌でした。


でも、叩いて蹴ってくれれば、大体はそこまでで終わるのでラッキーなのです。問題は、教師が絶対に口にしないような、人権などお構いなしの汚い言葉を、1時間も大声で怒鳴り続けることです。
ちなみに、あまりの声の大きさに他の階まで聞こえます。なので、授業中に他のクラスからその教師の怒鳴り声が聞こえてくると、大概の生徒はニヤけますw

「またやっとるな」とw


3年間その教師の授業を受けましたが、話を盛るわけではなく、3年間トータル授業時間の半分は、キレて授業になっていませんでした。


でも、その先生が授業を受け持つクラスは、もれなく点数だけは良いので、学校側は万歳なのでしょうw一応進学校なので・・


ちなみに、私たちの卒業後、その先生はいろいろやりすぎてクビになったと聞きました。


ですが、今思えば良い経験でした。
軍隊にでも行かない限り、経験できないような究極の理不尽な経験をさせてもらいました。
当時は地獄でしたが・・


話がずれましたが、ようは、その先生の授業の時は死んでもトイレに行けなかったのです。


ですので、下手すると授業開始前から尿意と戦っていました。


授業も全員に問題を当てる形式だったので、尿意と戦いつつ、自分の番に当てられそうな問題を必死に解いていました。


「授業中にトイレに行きたくなったら、行ったらいい。」


このような事が、神経性頻尿の完治への近道だとネットでは書かれていましたが、少なくとも当時の私は


「それは無理」


と真剣に思っていました。


なぜなら、その授業に関しては


「我慢しますか?」それとも「トイレに行って学校辞めますか?」


の二択だったからです。


病気だからという理由も、治外法権のその授業では通用しませんでした。
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 高校2年生
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。