• 2018_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_08

神経性頻尿(心因性頻尿・頻尿恐怖)からの卒業ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

泌尿器科

とりあえず、家の近所にあった総合病院の泌尿器科を受診しました。
記憶があやふやですが、当時は平日しか私の予定が空いていなかったので、午前中の授業を休んで受診しました。


泌尿器科に着くと、エコー?みたいなのをお腹に当てて検査され、触診をされたのですが、尿検査では事前に何回もトイレに行っていたせいで尿は全く出ず、時間を置いてもう一度検査しましたw


そして、待望の検査結果は「異常なし!」でした。


これでいよいよ「神経性頻尿」という病名が、現実味をおびてきました。
そして、次はそのまま総合病院内の心療内科で診てもらえばよかったのですが、いかんせん泌尿器科の対応が事務的で不親切だったので、別の心療内科を探すことにしました。


お医者さんも毎日同じルーティンワークで疲れているのだと思います。しかし、もう少し人間身をもって接していただければ・・患者側もうれしいのに・・


だって、人間だもの。


そんなこんなで、家に帰るとすぐに専門の心療内科を調べてみました。


すると・・


全然ありません!!


私の最寄り駅には一つもありませんでした。そこで、範囲を広げて探し、やっといくつか見つける事ができました。しかし、そこも予約がいっぱい。


その時ふと「あぁ、こんなに心の病を抱えた人がいるのだなぁ。」と感じました。


今まで心が辛くなることはあれど、心の病気になったことのなかった私は、おこがましくも、心の病気を抱える人たちの気持ちを少し理解した気なっていました。
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 高校2年生
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。