FC2ブログ
  • 2018_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_10

神経性頻尿(心因性頻尿・頻尿恐怖)からの卒業ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

釣り

続けてもうひとつ記事を書きます。


先日、友人と釣りに行ったのですが、そのときの出来事といいますか
ある”おっちゃん”との出会いが印象的だったので、書かせていただきます。


さて、その日は暖かかったこともあり、海にツーリングに行こうということになりました。

でも、ただツーリングに行くのもあれなので、釣りでもしようという話になりました。
ですが、私も友人も釣り経験はほとんどなく、何をどうしていいのかわからず、とりあえず朝一で近所の釣具屋に行きました。

店員さんにお勧めを聞いて、いわゆる万能の竿とリール、その他釣り道具を購入し「いざ出発!!」

海を目指してブラブラしていると、「釣り公園」の文字が!!
近寄って見るとシャッターが!!

『閉園』

まだシーズンじゃなかったんですねw


まあそれでも竿は買ったのでせっかくと思い、海沿いを流していると釣りができそうな港公園?を見つけました。

バイクを停めていざ釣りの準備!!
先客が2、3人いましたが、どこからどうみても玄人。

竿や道具が、素人目から見てもあきらかに玄人でした。

こういうときって、何故かわからないですけど少し申し訳ない気持ちになります。
そんなことを思いながら買って来たばかりの釣り具を開封して、準備開始!!

ですが、何をどうしていいのかわからず...
竿やリールの取り付け方はわかりますが、糸の先っぽ
仕掛けの部分が全くわかりません。


でも、まあ初めてなので深く考えずに
適当に買ってきた出来合いのサビキ用の針にオキアミを刺し、適当にオモリと浮きを付けて釣り開始。

1時間、2時間とたち、全く釣れる気配なし...

なんだ魚いないのか!!と思っていたら、横で釣っていた玄人の方が大きなシーバス(スズキ)を釣りあげていて...

「こ、こんなのが釣れるのか」と少し期待しながら釣り続行。

そこから更に1時間...

竿先は一ミリも動かず...


太陽も少しオレンジ色に変ってきて、友人と二人で完全に諦めムードになっていました。

すると、後ろから野太い声が

「何か釣れたか!?」

「いや、釣れませんわ」

それから、そのおっちゃんとなんやかんや話していると
そのおっちゃんは釣りに関して、結構すごい人だと言う事がわかりました。

釣り歴も長く、師匠と弟子がおり
得意技は太刀魚を色んな角度から針を引っ掛けて釣る「宣言釣り」だということ。
エラ、下あご、上あご、などあらゆる角度から宣言して釣ることができると

しかし、素人には宣言釣りのメリットがわかりませんでしたが、おっちゃん曰く、太刀魚は下あご1mmに針をかけて釣ると、釣りあげた後に糸を振るだけで針から外れるということ(太刀魚は歯が鋭いので、魚に触れずに針から外せる)。また、針を飲みこまないので内臓を傷つけずに済み、リリースしても生きていられるということ、などのメリットがあるのだと教えられました。

釣り道具も自作していて、自作の釣り道具の画像をスマホを使って見せてくれました。


で、おっちゃんから、釣り方や道具のことをいろいろ教えてもらいました。

まずこの時期は、釣る魚を決めて、それ用の仕掛けを作らないと釣れないということ。
誰でも釣れるのは暖かい時期だけ。
海の温度は旧暦なので、暖かいと感じる3月下旬でも、海の中は2月下旬だということ。
タナの計り方、仕掛けの作り方、竿の投げ方など、初歩的なことを教えて貰いました。

また、いくら初心者でも普通、本などで調べてから来るだろうとも言われましたw

お恥ずかしい...

いろいろ教えてもらったあとも、3時間ぐらいおっちゃんとしゃべっていました。ほとんどがおっちゃんの釣り自慢でしたがw

ただ、その会話の中でおっちゃんから聞いた
"釣り自慢以外"の話がまだ頭に残っています。


「おっちゃんは、今日は釣りしないんですか?」

「おっちゃんはなぁ、もう釣りはせえへんのや」

「何でですか?」

「おっちゃんな。5年前に心筋梗塞なって、その後、パニック障害なってしもたんや」

詳しく聞くと、おっちゃんの心筋梗塞が治って退院間近のとき、また急に心臓が苦しくなって息ができなくなり、その病院の他にもいくつか病院を回った結果「〇〇さん!あんたそれパニック障害や!」と医者から言われ、以後ずっとパニック障害持ちだそうです。

人がたくさんいるとこに行くと、発作が起こるので
ちょっとした外出やスーパーに行くのが苦しいらしく、週に2~3回しか家から出ないらしいとのこと。

なので、大好きな釣りも、釣り場に人が多くいるときは行けず
釣り人の少ないこの時期に、近所であるこの釣り公園で顔なじみの釣りを眺めるのと、自分の釣りブログを更新することが楽しみだと言っていました。


この前、このブログでパニック障害のことを少し書きましたが、
まさかこんなに早く、パニック障害の人と出会うとは思っていなかったので、ここに書かせていただきました。

そのおじさんの症状としては、人が多いところにいくと苦しくなるというものでしたが、
一回だけ、どうしても行きたい釣りの屋内イベントがあったらしく、
朝から大量に薬を呑んで(※←絶対に駄目)友人の車に乗せて貰って、ふらふらになりながら会場に行ったらしいです。
私も1、2回生のときには結構きつめのやつを呑んでいましたが、いっきに何錠も呑んだらかなりヤバいだろうとは思います。

で、おじさんはフラフラになりながら会場に行って何をしたのかというと
プロの釣り師の方に、文句を言ったらしいですw
何だそれ!と思いましたが、おじさんは釣り番組やプロの釣りの見せ方以外にも、漁師の幼魚乱獲の問題や
海のゴミ、原発問題まで、あらゆることに疑問を抱いて、行動しているということでした。

「こんな感じで、いつも神経ピリピリしてるからパニック障害なるんやろうな」

と、笑いながら言っていました。


その後、陽が沈んでからも1時間程おっちゃんとしゃべっていましたが、結局その日はボウズでした。

そんな一日でした。
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 日常
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。