FC2ブログ
  • 2018_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_12

神経性頻尿(心因性頻尿・頻尿恐怖)からの卒業ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

映画

ご無沙汰しております。Takaと申します。


不定期更新が本格化しておりますが、温かい目で見てやってください…


最近は、なんやかんやで忙しくさせていただいております^^


そろそろ、卒論に本腰いれないとですね…



さて!!今日は明るい話題が!!!


なんと!!最近!あまり頻尿になりません!!!!


「あ・ま・り」がポイントです。


「た・ま・に」はなりますw


理由はよくわかりませんが、おそらく環境の変化と、意識の変化だと思います。


これは期待できます。


だから、調子にのって映画に行ってきましたw


しかも2つw


2作目は真ん中の席!!


案の定と言いましょうか。


久しぶりに来ました。尿意が。


くやしい…



では、本題の映画の話に入りましょうw


1作目は「風立ちぬ」です。ちなみに観たのは9月始めです。しかもナイトショーだったので席はガラガラ。


一緒に行った友人は真ん中の席を希望しましたが、良くなってきているとはいえ「頻尿」のことが心配だったので、この日は中ほどの最前列にしてもらいました。


いやぁ、賛否両論ありますけど宮崎作品よかったです。


一番心に残っているシーンは、二郎を囲んで、若い技師たちが勉強会をしているシーンです。皆必死に手をあげて質問をしているシーンとかは、胸が熱くなりました。


あの作品は平日の夜に見るといいですね。仕事で疲れて、帰りにふらっと立ち寄って観る。これがベストだと思います。(体験談ですw)


さて、2作目ですが


2作目の映画は


「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」です。


有名なアニメですよね。


....ね?


今Wikiで調べたら、2011年放送とありました。大学二回生のときに見たんですね。二年も前だったのかと驚きました。


この映画、「まあたぶんアニメのまとめだろう」と思って行ったら、しょっぱなから驚きました。もうなん
というか、まあ大部分はまとめだったんですけどw なんというか、感動しました!!


当時の記憶がよみがえりましたね。頻尿と共に。


そうです。


作品はとてもよかったのですが、それと同じくらいの衝撃で尿意がきました。


先週の風立ちぬで安心したのか、真ん中の席を取ったのが間違いでした。


最初は「訓練訓練」と思っていたのですが、上映直前になって二人組のお客さんが、同列の端の席に座りました。


その瞬間「で、出れない!途中でトイレにいけない!」と思ってしまいました。


なんて馬鹿な選択をしたんだと悔みました。


素直に端の席をとっておけばもっと映画を楽しめただろうに...


結局、一時間ちょっとたってから尿意を感じ始め、そこからは、寄せては返す尿意と付き合いました。なんとか途中でトイレには行かずにすみましたが、思い出の作品だけに悔やまれてなりませんorz


次の映画は端の席にするつもりです。


でも、またいつかド真ん中の席にもチャレンジします!


眠気もあって、よくわからない内容になってしまい申し訳ありません。


とりあえず、治りかけているということだけは皆様に報告しておきます。


これから寒くなるにつれて、頻尿持ちには厳しい季節となっていきますが、気持ちでは負けないようにしましょう。私も体と心を暖めてがんばります!


m(__)m
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 大学4回生
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

管理人のみ閲覧できます

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/10/09(水) 01:13:04 |
  3. |
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/10/27(日) 23:16:43 |
  3. URL |
  4. Taka
コメントありがとうございます。

友人に打ち明けられたのですね。とても尊敬します。
話の内容から察するに、友人の方もとてもお優しそうで、私まで嬉しくなりました^^

やっぱり、キーワードとしては周りの理解ですよね。
このもどかしさは日本人故なんでしょうか。

大きな問題です。
病気が治るように、お互い頑張りましょう!!

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。