• 2018_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_08

神経性頻尿(心因性頻尿・頻尿恐怖)からの卒業ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

電車とバス

通学には電車とバスを利用していました。


電車は途中でも降りられるように、もちろん各駅停車です!


片道は電車一時間半、バス15分なのですが私の最初の作戦としては


「できるだけ無駄なくトイレに行く!」


でした。


ただでさえ二時間弱かかるので、トイレに行く時間をいかにうまく組み込むかがポイントでした。


電車は1回乗り換えがあります。また、乗る時間帯によっては2回乗り換えがありました。


乗り換えが一回の場合は30分乗って乗り換え、そこからまた45分ほどの乗車時間でした。


間15分は乗り換えの時間です。ですが、御存じの通り授業では1時間をなんとか我慢できても、電車ではそうはいきません。「駅の間は電車を降りれない」というプレッシャーがあるため、30分45分の乗車時間は長すぎます。


なので、最初の30分を我慢できない場合は途中の駅で降りてトイレに行きました。


朝は大体どの駅もトイレは混んでいるものですが、途中の駅は過疎っているところが多く、空いているところが多かったです。


なので、途中からは乗り換えの一つ前の駅で降りて、乗り換え駅ではトイレに行かないという作戦を取りました。こちらの方が時間的にも余裕があり、乗り換えもスムーズで席に座ることもできました。


そして、後半45分ですが、これはさすがに電車じゃなくともきついです。


しかし、これも幸いなことに途中の駅で特急や快速の通過待ち時間が10分程ありました。


この間を狙って、トイレにダッシュ→再び同じ車両へ
みたいな作戦でうまくやりました。


なので、トイレの回数としては、最寄駅で1回、途中駅で2回から3回、大学最寄駅(バスに乗る前)で1回の4回~5回ほどでした。


数字で見ると、ものすごい数ですねw


乗り換えが2回のときも、大体は同じ感じでしたが、少し回数が増えることもありました。


ちなみに今は最寄駅と大学最寄駅の2回だけです。中1時間半はほとんど大丈夫になりました!


行きだけでこれだけの回数行って、授業でいきなり1時間半も我慢することになるので、頻尿的にはものすごく悪影響でした。


頻尿の基本としては、トイレに行く回数をどんどん減らして、間隔を広げる訓練をするべきなのでしょうが、それを無視した方法だったので、授業中の尿意も酷いものでした。


じゃあ通学時の回数を減らせるかといったら、そうも行かず、大変でした。


またバスは乗車中の15分間と待ち時間も合わせたら25分くらいはトイレに行けなかったので、毎日冷や汗でした。


さすがにそれが苦しすぎたので、秋からは中古の原付を買って、大学最寄駅の駐車場に置きましたw


まあでも、バス代は往復400円だったので、4年間で見ると車両代、駐車場代、油代、全て含めてもかなりお得でした。なにより、待ち時間がないので大学までは15分もかかりませんでした。こればかりは、最高の選択をしたと自分を褒めてやりたいですw


行きがあれば帰りもある訳で…


帰りの電車はというと・・・ほぼ寝ましたw


もちろん乗車前はトイレに行きますが、その後はぐっすりでした。


心療内科で貰った薬の効果が、ここで発揮されますw


授業中は緊張であまり効果を発揮してくれないのに、安心した途端効いてきます。


一日の始まりは電車とバスで頻尿→授業で更にレベルの高い頻尿→授業に比べたら電車なんて平気
みたいな感じで、帰りの電車では乗り換え駅で一回トイレに行くだけでした。


また、時間の縛りもないので、安心して降りる駅を通り過ぎることもしばしばでしたw


でも、次の日になると、また電車=緊張=頻尿に逆戻りです。


あと、人身事故や車両事故、フミキリへの立ち入りなどで電車がよく止まりました。駅と駅の間なんかに止まった時の恐怖は計り知れないもので、一時間ほど止まった時は絶望でした。あれは途中でトイレなどで出たくなった場合、どうするのが正解なのでしょうか?今でも謎です。


というか、そのような事故が起こらないことが一番の解決策なので、それを切に願ってやみません。


少なくとも1回生の間はこんな感じでした。
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 大学1回生
  3. / trackback:0
  4. / comment:4

管理人のみ閲覧できます

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/06/22(土) 01:35:33 |
  3. |
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/06/22(土) 02:32:21 |
  3. URL |
  4. Taka
コメントありがとうございますm(__)m
そ...そんな裏技が!!!w
でも、たしかに言われてみればw
リラックスします!ありがとうございます。
是非またコメントよろしくお願い致します(^-^)

管理人のみ閲覧できます

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/07/01(月) 01:32:59 |
  3. |
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/07/02(火) 23:56:51 |
  3. URL |
  4. Taka
コメントありがとうございますm(__)m
大学に入学してすぐに病気になったということで、今はかなり辛い時期だろうと思います。
年齢も近いということで、病気による苦しみやもどかしさが痛いくらい想像できます。
授業中はもちろんのこと、大学は魅力あるイベントごとでいっぱいなので、私も出先では緊張しっぱなしでした。
でも、必ず治ると思います!
あと、治るまではそれこそ「病気」だと割り切った生活が一番だと思います。でないと、精神的に持ちません。私が一、二回生のときは毎日、心は死んでいましたのでw
でも、この病気が少しだけ、私を人間的に成長させてくれたのも事実です。
どうか病気に負けずに、大事な大学生活を送ってください。
よろしければ、またコメントよろしくお願い致しますm(__)m

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。