FC2ブログ
  • 2018_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_10

神経性頻尿(心因性頻尿・頻尿恐怖)からの卒業ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

英語の授業

前回のタイトルが「授業開始」だったのに、授業に触れてなかったです…


今日は授業について書きます。


私が一番苦労したのが英語の授業でした。


週4日、必修で、二年間。


この授業を取れるかどうかが、私が大学を卒業できるかどうかの分かれ道です。


私の学部には帰国子女や留学経験者、留学希望者など英語が大好きな生徒がたくさんいました。もちろん外国語専門の学部では無く、英語を前面に押し出した(学部の)名前でもないので、このカリキュラムを知らずに入った人もいました。


その内の一人が私ですw


特に英語が嫌いだった私は、授業についていけるか不安でした。


でも、いざ授業が始まると、そんなことはどうでも良くなるくらいの環境が待っていました。


「少人数教室&外国人教師」のコンボです。


今まで経験したことが無いくらい、トイレに行き辛い環境が用意されていました。


「トイレに行けない」ではなくて「行き辛い」です。


行こうと思えば行けるのですが、本当に行き辛い環境で…


イメージしにくいかと思いますが、一応説明させてください!


まず、英語の授業は週に4日(ほぼ毎日)あります。


一回の授業時間は一時間半です。一時間ではなく一時間半!←重要です。


授業は20人程度で行い、メンバーは前回受けたTOEFLテストの点数で決まります。


そして、4回それぞれの授業でメンバーが違います。


教師は全員外国人で、これも4回とも違う人です。


授業は全て英語で行い、どんな状況でも日本語を使う事はできません。


日本語を使うと減点されます。欠席数や減点がたまると単位を落とします。


この授業は本当に落としやすい授業で、同じクラスには昨年この授業を落とした先輩が必ず一人、二人はいました。全体で一割から二割の生徒が毎年落とす授業です。


落とす一番の理由は、出席数と膨大な量の宿題だったので、英語が得意な人でも(むしろ英語の能力が高いと過信している人ほど)落としていました。


で、何故そんなにトイレに行き辛かったのかと申しますと…ズバリ!「雰囲気」です!w


生徒数に対する教室の狭さ(圧迫感)と、英語しか使えないという環境、下手したら簡単に単位を落としてしまうというプレッシャー、教室のドアの位置、米国ドラマでよくある机とイスが一体型の席(イスを後ろに引けないので、圧迫感があって出にくい)なんかでさえも、私をトイレに行かせないようにしているのだと感じました。


なので、授業が始まって数日経つと、教室に入るのが怖くなりました。


ドアを開けて一歩踏み入れた瞬間に「緊張」と「吐き気」。


授業が始まるまでの1分か2分の間で「ヤバイ!」なんてことがずっと続きました。


授業内容も「英語の実践」を重視しているので、教師はいつも英語でしゃべっており、生徒一人一人としゃべる時間が多くあります。もちろん会話中は全員が注目するので、途中で「Excuse me…」と言えるタイミングはなく…


高校までの、受け身の授業ではないということも、行き辛くさせる要因の一つでした。


まさにこの英語の授業のせいで症状は悪化し、二年間、魂が抜けたような日々を送りました。


この二年間で味わった苦しみをお金に変えられるとしたら、一生働かないで済むかもしれませんw


もちろん精神的にタフな人や、そんなのは苦しみではない!という人もいると思うので、あくまで私個人の感じ方、主観的な苦しみです。



それと話は変わりますが、私と同じ(似たような)症状の方でバイトをされている学生の方や社会人として働かれている方がいましたら、職種や仕事内容(トイレに行きやすいor行き辛い、職場の環境)などを教えていただけませんでしょうか。

私個人としてもそうですが、同じ症状を抱えている方においても参考になるかと思います。
ちなみに私は、塾で講師をしています。個人経営の塾で、塾長だけには症状のことを言っているので、トイレに行きやすい環境です。もちろん、それ以外の人には言っていませんが、いつでも行けるという安心感から全く頻尿にはなりません。恵まれています。



差し支えなければ、コメントよろしくお願い致しますm(__)m

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 大学1回生
  3. / trackback:0
  4. / comment:4

夜分にこんばんは

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/06/06(木) 02:46:02 |
  3. URL |
  4. onちゃん
私、ここ直近の仕事は携帯販売をやっておりました。
2年ほど週末以外の平日はほぼ一人で勤務でした。正直忙しい店ではありませんでしたが、10時間一人で拘束されておりました。環境的にはいつでもトイレ行ける場ですが、大きい方はゆっくりとは到底行きません。そんなこんなで頻尿も悪化し、更に内向的は性格に拍車もかかりなんだか漠然とダメ人間になってしまいました。
さすがに2人で勤務している時は精神的に楽でしたが^_^;


そんな状況で現在は退syに・・・って感じです(泣
なんの参考にもなりませんが書いてみましたです
またまた乱文失礼しました。では

Re: 夜分にこんばんは

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/06/06(木) 17:34:12 |
  3. URL |
  4. Taka
情報ありがとうございますm(__)m

携帯販売をされていたんですね。
10時間一人で拘束はすごいです…
私もコンビニバイトで一人勤務の経験があります。お客さんがいないタイミングでトイレに行かないと、大変なことになりますよね(>_<)

現在は…(>_<)

すごく参考になりました!
ありがとうございますm(__)m

No title

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/06/07(金) 07:37:53 |
  3. URL |
  4. テン
初めまして、テンです。
偶然にも進学校出身者、しかも高2で頻尿症を発症しました。

大学の90分授業はヒニョラーにとっては辛いですよね。
僕もほぼ毎回、授業中に行ってました。

頻尿のおかげで、サークルや部活が苦になるので、ボッチでいることが多かったです。

大学生時代は、図書館、個別指導塾講師をしていました。
社会人になってからは、臨時学校職員(教員ではない)を経て、現在PC量販店でバイトしています。
いずれもトイレに行きやすい環境でした。
理解しくれる上司や先輩がいれば大丈夫。
理解してくれない職場は、ろくでもない会社と捉えていますので(笑)

意外と仕事では頻尿は苦になりません。

もう頻尿は生涯の友ぐらいに考えていますよ。

語学留学したくてバイトしてますが、やっぱり頻尿に悩むんですよね(笑)

東京近郊に在住でしたら一度、馬込にある高橋クリニックさんの受診をお勧めします。
医師の誤診で心因性だけではないかもしれませんからね。

ちなみに僕は心因性だけでなく、ここで膀胱頸部硬化症と診断されました。

ではまた!

Re: No title

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/06/07(金) 19:25:00 |
  3. URL |
  4. Taka
情報ありがとうございますm(__)m

テンさんも私と同じタイミングで……親近感がわきますw
ヒニョラーw

大学時代→図書館、塾講師
社会人→臨時職員、PC量販店ですか。
確かに理解してくれない会社は、ろくでもないような気がしますw

私のイメージですが、テンさんはものすごい経験豊富そうです(>_<)
語学留学も考えていらっしゃるとは、かなりアクティブな方とお見受け致しました。
同じヒニョラーとして尊敬します!

誤診ですか! 盲点でした。
私は、完璧に心因性だと信じ切っていました。誤診の可能性もありますよね!

とても有力な情報、ありがとうございます!

m(__)m

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。