FC2ブログ
  • 2018_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_12

神経性頻尿(心因性頻尿・頻尿恐怖)からの卒業ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

授業開始

大学の授業が始まりました。


心配事はたくさんありました。


電車一時間半、バス十五分の通学、一時間半の授業、新しい環境。


その上で、勉強のことや新しい友達ができるかなど、心配しだしたらキリがありません。


それでも自分で選んだ道なので、文句ばかりも言っていられません。


とは言っても、そう簡単には割り切れないのも現実で…


入学式以降、今までにないくらい憂欝な状態が続いていました。


高校の時にこの病気になって、ずっと一人で戦い続けてきたと思っていたのですが、どこかで、高校の仲間に精神的に助けられていたのだなと痛感しました。


自分の弱さを知りました。


朝は必ずお腹を壊すようになりました。


電車の中でも腹痛は続きます。


それでも、腹痛の方が精神的には楽でした。


なので、電車の中でお腹が痛くなると少しほっとします。腹痛と頻尿の症状が同時に起こることがなかったからです。


さらにお腹が痛くなると「あぁ、ちゃんと身体がストレスを感じ取って警告してくれているんだなぁ」なんて考えていました。


「このまま身体が壊れてくれれば今日休めるのに…」なんてことを毎日考えていました。


進学は自分で選んだ道なのに贅沢な奴だと言われれば、返す言葉もありません。


それでも、何をどうしていいか自分でもわかりませんでした。


大学がどうこうではなく、この先の人生そのものが「ただ苦痛に耐えるだけ」のものだと感じました。


大学という大きな環境の変化と、大きな不安、ストレスの解消法が無いなど、負の要素がいろいろ重なってかなりの鬱状態でした。


なんだかんだで、この負の思考は少なくとも二年間は続くことになります。


三年目にして負の思考が治まった理由は、三年目にしてようやく、私を苦しめ続けた英語の必修授業が無くなった為です。


それでも、今でも時々そういった鬱状態になります。


その状態になったら、もうどうしようもありません。


それでも、やらなければいけないことはある訳で…


精神がやられたら、身体もやられます。なんだかんだで、繋がっているんですよね。


大学生になってからは、それを実感しました。


マイナスな内容ばかりで申し訳ないです。



そういえば先日、地元の友人の母親が亡くなりました。


自殺です。


その話を聞いたときは、悲しみではなく憤りを感じました。


誰に対して憤りを感じているのかわかりませんが、とにかくやりきれない思いでいっぱいになりました。


その友人とは小学校からの友達で、家にもよく遊びに行っていたので母親はよく知っています。


そして、当時からうつ病でした。


それでも、何年も病気と闘い続けていました。もちろん、家族も本人以上の苦労を強いられていました。


負の影響は周りに伝染します。本人も辛いですし、それを真摯に受け止めれば受け止めるほど、支える側も辛いです。


それでも、「自殺」という選択だけはしないで欲しかったと思います。


薬を嫌がって呑まなかったのが原因だと言っていました。


無理やりにでも呑ませるべきだったと、無関係の私は思います。友人も「今はそう思う」と悔やんでいました。父親もそう言っていたと言っていました。それでも、後悔先に立たずなんですよね...


ODや自傷行為はしたとしても、自ら命を絶つことだけは駄目です。


私も「もう生きる希望がない」と考えたことは、それこそ何百回とありますが「自殺したい!」とだけは思わないように努力し続けました。


夜、風呂に入ったときなんかは「このまま自然に逝けたら楽だなぁ」なんて考えてしまうのですが、それでもその思考はすぐに消す努力をします。


「自殺」だけは「一番やってはいけないこと!」だと自分に言い聞かせました。


なので、もし皆さんの頭に最悪のシナリオが浮かんだとしても、絶対に実行はしないでください。


最近そんなことがあったので、いつもより踏み込んだことを書かせていただきましたが、気にしないでくださいw

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 大学1回生
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

管理人のみ閲覧できます

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/05/31(金) 21:35:32 |
  3. |
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/06/05(水) 00:15:58 |
  3. URL |
  4. Taka
コメントありがとうございますm(__)m

お互い頑張りましょう!

ファイトー^v^b

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。