FC2ブログ
  • 2018_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_10

神経性頻尿(心因性頻尿・頻尿恐怖)からの卒業ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

卒業式

卒業式のことは、今でも鮮明に覚えています。


前日は一切眠ることができませんでした。


不安からです。


式は果たして何時間あるのか、途中でトイレには行ける空気なのか、もういっそのこと休んでしまおうかなど、いろんなことを考えているうちに朝を迎えました。


それでも、三年間お世話になった学校だったので、参加することにしました。


それでも、内心は帰りたくて仕方が無かったです。


学校につくと、とりあえずは教室待機になりました。


そして、教室に担任が入ってきて、そろそろ式の時間です。


私は、どのタイミングでトイレに行くのがベストかだけを考えていました。


「もうすぐ式が始まるからトイレに行きたい奴はトイレに行け」と担任が言い、私は迷わずにトイレに行きました。


でも、ここからが地獄でした。


式の行われる体育館までは、全員整列して向かいました。


ですが、すぐに着席するわけではありません。


「卒業生入場」の合図までは、全員体育館の外で待機です。


その待機時間がものすごく長かったのです。


いくら待っても、入場しません。


私のプランでは、体育館に着いたらすぐに入場して一時間ほどで式が終わり、教室に戻る予定でした。


案の定、そこで30分以上待たされることになります。


私は、15分を経過したぐらいで、既にトイレに行きたくなってきたのですが、いつ入場するかは担任にもわからないので、トイレに行くことができません。


その時は、本当に帰りたいと思いました。


でも、進むも地獄、戻るも地獄です。


結局、30分たったぐらいに限界が来て、「これはこのまま入場しても我慢できない」と思ったので、担任に言ってダッシュでトイレに走りました。


もちろん担任からは引きとめられましたが、お構いなしにダッシュしました。


体育館の来客者用の入り口から入って、トイレに駆け込みました。


するとトイレに入った瞬間、吹奏楽部の演奏と拍手が聞こえてきました。


絶望しました。


まさかの、このタイミングで卒業生入場です。


もう本当に帰ろうと思いました。


そう思いながら外に出ると、卒業生の入場はまだ続いていました。


それを見て、「この列に紛れて入場すればいけるかもしれない」と私は思いました。


たぶん、その時はいろんな事が吹っ切れていたのだと思います。


今やれと言われても、絶対にやらないです。


それで、全く知らないクラスに紛れて入場しました。


ある程度席に近付いて来たら、その列からはずれて、自分のクラスの席めがけてダッシュしました。


知らないクラスの列に割り込んだ瞬間は、「はっ?」っていう顔をされました。


そりゃそうでしょうw


幸か不幸か、私のクラスは一番前の席だったので、誰かにどいてもらうこともなく席に座れました。


席を空けておいてくれた友人にも感謝です。


席に戻ると、周りのクラスメイトから「お前、やるなぁw」と言われました。


確かに高校の卒業式で、あんな入場の仕方をする生徒はそうはいないと思います。


そういう形で、なんとか卒業式に参加することができました。


いざ席に座ると、絶対に途中でトイレに行ける雰囲気ではありませんでした。


式前にもし「トイレに行く」という選択をしていなかったらと思うと、さっきの自分の行動は正しかったと思いました。


式は一時間以上ありました。


もちろん、途中でトイレに行きたくなって、そこからは文字通り手に汗握る戦いでした。


祝辞や送別の辞が長かったりすると、「早く終われ!」と、何度も心で念じました。


プログラムが一つ終わるごとに、尿意も増しましたが、それ以上に「もうすぐ終わる!」という希望も増しました。


そしてようやく卒業生退場となりました。


長い戦いでした。


立ち上がった瞬間、「ヤバイ!」と思いましたが、体育館から教室までは持ちこたえました。


そして即いつものトイレにダッシュです。


この一年間で、このトイレに来た回数が一番多いのは、間違いなく私です。


そんなことを考えていたのを思い出します。汚い話です。


それで、その後は担任からの涙ありの話があり、食事もし、良い時間を過ごしました。


その時初めて、今日来て良かったなと思いました。


卒業式だけであれば、ものすごく嫌な思い出で、終わっていたことでしょう。


それでも「式」と名の付くものは、もう二度と参加したくないと思いました。


「式」については、神経性頻尿の方はもちろんのこと、その他の病気の方も苦手とされている方が多いと思います。


本来であれば、めでたいものであったり、感動するものなのだと思いますが、私にとってみれば苦痛でしかありません。


なんかもっと、万民が心地よく過ごせる「式」があればなぁと思います。


そうでなければ、自由参加にしていただきたい。



私の卒業式は、そんな感じでした。
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 高校3年生
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

初めまして

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/05/18(土) 00:18:43 |
  3. URL |
  4. A
初めまして。私も神経性頻尿で悩んでいる者です。私は約10年悩んできました。今でも治っていません。あなたの気持ちが痛いほどよく分かります。式典、公共交通機関、友人の車、映画館、職場。普通の人であればなんともない場所でも、楽しめるはずの場所でも一度不安を感じてしまうと苦痛でしかありません。家にいるとき、一人でいるとき、家族といるときは平気なのに・・・。昔であれば平気だったことができなくなり、周りの目が気になり、辛くて辛くて仕方がない。私もネットでいろいろと調べました。自分だけじゃないんだって、悩んでいる人はたくさんいるんだということが分かったと同時に自分と同じ症状で悩んでいる方と話してみたいという気持ちが出てきました。突然コメントしてしまってすみません。簡単に治るものではないし、これからも辛いことがたくさんあると思いますが、お互いに頑張りましょう。長文失礼しました。

Re: 初めまして

  1. [ 編集 ]
  2. 2013/05/18(土) 01:36:18 |
  3. URL |
  4. Taka
コメントありがとうございます。
不謹慎ですが、同じ症状の方からこうしてコメントをいただけることが、何よりの励みになります。

10年悩んでこられたということですが...御苦労察し致します。
周りの目は、私もかなり気になります。むしろ、それさえ無くなれば辛さも半分くらいになるのに...と思います。この病気がもっと認知されることを望んでいますが、一方では自分が病気であることを、周りには知られたくないという思いもありますし...こんな風に思っているうちは、治らないのかもしれません。
すいません。変な文章になりましたが、これからも頑張ってください!私も頑張ります!

 管理者にだけ表示を許可する
 

<<教習所  | BLOG TOP |  一年>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。