FC2ブログ

神経性頻尿(心因性頻尿・頻尿恐怖)からの卒業ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

夏休み

お久しぶりですm(__)m


学生の皆さんは、今夏休みでしょうか。


私も最後の夏休みですw


ですが、お陰様でここ一カ月は忙しくさせていただいています。


さて!!


それでは、今日も大学一回生の頃を思い出して書きたいと思います。


大学に入って初めての夏休み。


待ちに待った夏休み!!


存分に!存分に!!楽しみました!!


と、言いたいとこですが、そうもいきませんでした。


ただ、家にいるときは本当に幸せだったという記憶と、日本が世界に誇れる素晴らしいコンテンツ、ジャパニーズアニメーション出会えたことには感謝です( 一一)


夏休みにアニメにはまる。そして過去の作品を一気見。


大学生っぽいですねw



夏休みはいろいろあったのですが、頻尿の症状に関しては、正直今までの記事とほとんど内容が一緒なので、特に印象的だったものだけを書きたいと思います。



一回生の夏、お盆前だったと思います。


私が参加している団体で合宿に行ったのですが、スケジュールの一つに「海」がありました。


よっしゃ泳ぐぞ!!ということではなくて。


船です。


しかも小さいやつ。


トイレが無いやつ。



バスでも恐怖なのに、途中で止まってもらっても、そこは海。



恐怖です。



普通に友達と行くのであれば「船は苦手なので!」ですむのですが、なにぶん百人を超える団体だったのと、その時私は団体の中で責任者サイドでしたので、あれよあれよと言う間に船に乗ることになりました。


陸での待機願いが聞き入れられることもなく、


トランシーバーを持たされて「体調の悪い者がいたら連絡してくれ」と言われました。


もちろん一番体調が悪いのは私ですw


乗る前から、(精神的な)体調は最悪。


頻尿まっしぐらです。



船も男子だけなら、後ろの方で大海原に向かって…なんていうことも可能だったと思いますし、その選択肢があれば気持ちもかなり楽なはずでした。


ですが、女の子もいて、しかもそれが中高生ともなると、さすがに犯z…


なので、当然ものすごい尿意と戦いました。


で、そのとき船上で頭に浮かんだアイデアが


「もし、万が一にでも漏れることがあれば海に飛び込めばいいんだ!」


というものでした。



この、「自分の無意識を自分の意識で抑え込む」というのは、この頃はよくしていました。それをすることで恐怖を抑えつけるというか…一種の催眠術、自己暗示です。


ただ、自己流なので完全に意識をコントロールすることはできません。


それでも、少しは気を紛らわすことができました。



まあ、今回も結果的に漏らすことは無かったのですが、我慢した時間は1時間を超えました。毎回そうですが、その間ずっと下半身に力をいれているので、後で痛くなるんですよね。


あと、強い症状が出た時、長く我慢した後は、その後数週間は症状が悪化します。振り出しに戻る感じです。


逆に言うと、この症状が出ない期間が長く続けば、徐々に回復へと向かいます。



実際に、3回生以降は授業も少なくなり、頻尿になる場面が少なくなってきたので、症状が出る機会が減り、同時に症状も軽くなっていきました。



私個人の経験からいうと、一番効果的だったのは、この「頻尿にならないようにする」ということで「症状の恐怖を頭から忘れさせること」です。



ただ、それが簡単にできたら苦労しないんですけどね。



仕方が無いです。


今体調が良くても、また酷い症状に一度でもなれば、それがきっかけで戻るかもしれないですし。


そういうものだと思って、ある程度受け入れないとやってられません。


誰かのせいにできるのなら精神的に楽なのでしょうが、それができないのなら自分なりの打開策、精神状態の安定法を見つけるのが一番の早道だと私は思います。


何か最後は投げやりな感じになりましたが、実際にこんな感じで気楽に考えるようになってからは、症状が落ち着きました。


おすすめです(*^_^*)


スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 大学1回生
  3. / trackback:0
  4. / comment:6

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。