FC2ブログ
  • 2018_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_10

神経性頻尿(心因性頻尿・頻尿恐怖)からの卒業ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

夏休み

お久しぶりですm(__)m


学生の皆さんは、今夏休みでしょうか。


私も最後の夏休みですw


ですが、お陰様でここ一カ月は忙しくさせていただいています。


さて!!


それでは、今日も大学一回生の頃を思い出して書きたいと思います。


大学に入って初めての夏休み。


待ちに待った夏休み!!


存分に!存分に!!楽しみました!!


と、言いたいとこですが、そうもいきませんでした。


ただ、家にいるときは本当に幸せだったという記憶と、日本が世界に誇れる素晴らしいコンテンツ、ジャパニーズアニメーション出会えたことには感謝です( 一一)


夏休みにアニメにはまる。そして過去の作品を一気見。


大学生っぽいですねw



夏休みはいろいろあったのですが、頻尿の症状に関しては、正直今までの記事とほとんど内容が一緒なので、特に印象的だったものだけを書きたいと思います。



一回生の夏、お盆前だったと思います。


私が参加している団体で合宿に行ったのですが、スケジュールの一つに「海」がありました。


よっしゃ泳ぐぞ!!ということではなくて。


船です。


しかも小さいやつ。


トイレが無いやつ。



バスでも恐怖なのに、途中で止まってもらっても、そこは海。



恐怖です。



普通に友達と行くのであれば「船は苦手なので!」ですむのですが、なにぶん百人を超える団体だったのと、その時私は団体の中で責任者サイドでしたので、あれよあれよと言う間に船に乗ることになりました。


陸での待機願いが聞き入れられることもなく、


トランシーバーを持たされて「体調の悪い者がいたら連絡してくれ」と言われました。


もちろん一番体調が悪いのは私ですw


乗る前から、(精神的な)体調は最悪。


頻尿まっしぐらです。



船も男子だけなら、後ろの方で大海原に向かって…なんていうことも可能だったと思いますし、その選択肢があれば気持ちもかなり楽なはずでした。


ですが、女の子もいて、しかもそれが中高生ともなると、さすがに犯z…


なので、当然ものすごい尿意と戦いました。


で、そのとき船上で頭に浮かんだアイデアが


「もし、万が一にでも漏れることがあれば海に飛び込めばいいんだ!」


というものでした。



この、「自分の無意識を自分の意識で抑え込む」というのは、この頃はよくしていました。それをすることで恐怖を抑えつけるというか…一種の催眠術、自己暗示です。


ただ、自己流なので完全に意識をコントロールすることはできません。


それでも、少しは気を紛らわすことができました。



まあ、今回も結果的に漏らすことは無かったのですが、我慢した時間は1時間を超えました。毎回そうですが、その間ずっと下半身に力をいれているので、後で痛くなるんですよね。


あと、強い症状が出た時、長く我慢した後は、その後数週間は症状が悪化します。振り出しに戻る感じです。


逆に言うと、この症状が出ない期間が長く続けば、徐々に回復へと向かいます。



実際に、3回生以降は授業も少なくなり、頻尿になる場面が少なくなってきたので、症状が出る機会が減り、同時に症状も軽くなっていきました。



私個人の経験からいうと、一番効果的だったのは、この「頻尿にならないようにする」ということで「症状の恐怖を頭から忘れさせること」です。



ただ、それが簡単にできたら苦労しないんですけどね。



仕方が無いです。


今体調が良くても、また酷い症状に一度でもなれば、それがきっかけで戻るかもしれないですし。


そういうものだと思って、ある程度受け入れないとやってられません。


誰かのせいにできるのなら精神的に楽なのでしょうが、それができないのなら自分なりの打開策、精神状態の安定法を見つけるのが一番の早道だと私は思います。


何か最後は投げやりな感じになりましたが、実際にこんな感じで気楽に考えるようになってからは、症状が落ち着きました。


おすすめです(*^_^*)


スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 大学1回生
  3. / trackback:0
  4. / comment:6

テスト

はい、今テスト期間中ですb


それでも、今はしっかりテストに集中できるようになりました。


先日のテストは、始めこそ頻尿のことが頭によぎりましたが、テスト中は、一切症状も出ずに乗り切りました。


でも、一回生のころはそりゃもう…


「途中で退室したら、再入場できない」というプレッシャー。


そもそもテスト開始30分以内は退出できないという決まり。


当たり前ですが、テスト10分前には教室に入っておかないといけないという常識。


こういうことされたら、もうそれだけで頻尿になってしまうんですよね。


ただ、大学のテストで唯一よかったと思えるのが、「途中退室が可能」ということです。


私の大学では、テスト開始30分以降は、退室してもいいというルールがありました。


まあ、それでも頻尿なることには変わりないのですが…


冷や汗で解答用紙はしおれ


途中退室をするために、早く解こうとして読み間違い、解答間違いなど


テスト+頻尿のプレッシャーというダブルパンチ


薬と徹夜で眠気がすごいことになって


意味は違うと思いますが「廃人」という漢字がピッタリな状態でしたw


でも、人間強いもので、なんとか乗り切ってしまうんですよね。


何故なら、そのテストの先には「夏休み」が待っているからです!!w


やっと、やっと、やっと解放される!!


もうこのときをどれほど待ったか…


夏休みが終わっても、もう学校へは戻らないんじゃないか…


ただ、そんなことを考えていたのも事実で...


あと、大学生にありがちなキラキラした夏休みは望んでおらず(まあ、望んでもこないですけどw)


一日中、尿意を気にせずに過ごせる!


そんな日々がもうすぐ来る!


ということだけを希望に、テストに取り組みましたw


皆そうだと思いますが、テストが終わった日の感動は、ここ数年で一番だったと思います。


学生の皆さんは、テスト頑張りましょう!!



それと、これから更新の間隔が開くことが多くなるかもしれません。


御容赦ください。


ですが、コメントなどはチェックするように致しますので、よろしければコメントもお願い致しますm(__)m

  1. [ edit ]
  2. 大学1回生
  3. / trackback:0
  4. / comment:8

ストレス解消

一回生の間は、とにかくストレスでいっぱいでした。


そのせいなのか、土曜、日曜日は毎週と言っていいほど、地元の友達の家に泊りに行きました。


特に何をするでもないのに、通い詰めました。恐らく現実逃避をしたかったのだと思います。


家に一人でいると、すぐにやってくる平日の恐怖や嫌なことばかりが頭によぎるので、そうしていたのだと思います。


あとは、呆れるほどにカラオケにも行きました。深夜のフリータイムで朝まで歌うみたいな…


いや、本当に付き合ってくれた友達には感謝です。


訳も聞かずに毎週毎週。


あと、アニメも大学生から見始めました。


これは、最近の大学生によくあるパターンじゃないでしょうかw


大学の友達に、大学生になってからアニメにハマった子がいて、家に遊びに行くたびに録画していたやつを見せられるので、すっかりハマってしまいました。


大学生によくある、「友達に勧められて」ってやつですね。


今ではすっかり、私もアニメオタクになりましたw


日本の誇れるアニメ文化。守っていきたいです(キリッ


さらに、アニメってレポートのテーマに使えるんですよね。


「アニメ」と「地域環境」や、「アニメ」と「文化政策」、「アニメ」と「伝統的建築物の保存」なんていうのも組み合わせることができたので、とても助かりましたw


ちなみに、組み合わせようと思えば、もっといけると思います。


しかも、アニメをレポートにすると、レポートがただの作業から、ちょっと楽しい作業になるんですよねw


少し話がそれましたが、無意識のうちにストレス解消法を探していたのだと思います。


ただ、どれも根本的な解決にはなりませんが…


いや、でもアニメとの出会いは大きな収穫です!!w


あと、オススメなのが「ジョギング」です。


目的はダイエットだったのですが、これが効果抜群で!!


体重は全然減らなかったのですがw走った後はものすごくスッキリしました。


これは本当にオススメです。


大体公園にはトイレもありますし。


ゆっくりでも1時間くらい走れば、全然違います。


あとは、登山とかも大学生になってから好きになりましたが


これは汚い話、我々は「立っしょん」覚悟で行かないといけないので、女性の方は…


なので、富士山も登ってみたいんですけど、いかんせん登山客が多いので、途中で尿意がきたときのことを考えると…


あとは、ストレス解消と関係あるかわかりませんが、マッサージが効果的です。


今までに鍼灸や漢方、自己暗示なんていう怪しいものも試しましたが


自分でやるマッサージが一番体に良いと感じましたw


ストレッチから初めて、後は全身自分の手でほぐしていけば良いのですが、耳と首の後ろが特に気持ちいいです。気持ちいいので、たぶん効果もあるのだと思いますw


一日緊張した体を自分でほぐす作業は重要です。


まあ、結果論としてこれで頻尿が治った訳ではないですけど、もしかしたら症状を軽くしてくれていたのかもしれませんし、他の病気の発症を止めてくれていたのかもしれません。


まあ、体には良い事はあっても悪いということは無いと思います。


とにかく「気持ちいい」ですw

  1. [ edit ]
  2. 大学1回生
  3. / trackback:0
  4. / comment:4

サークル

大学といって思い浮かぶのが「サークル」ですよね。


何か「サークル」というだけで「大学生活」「青春」みたいなキラキラした感じがします。


新入生にとっては、なおのことでしょう。


遊びサークルから運動系、文化系。ボランティアサークルやちょっと変わったサークル、学外のサークルや学生団体、やはりいつの時代になっても魅力ある活動の一つです。


サークルで大学生活が変わった。


学生団体でいろんなコネクションができた。


ボランティアサークルで人生観が変わったなど、本当にこの4年間で、目に見えて周りの友人や知り合いが変わっていく姿を目にしました。


中には自分の生きる道を見つけたと言って、大学を中退した人もいます。


と、ここまでキラキラした話をしましたが、私はというと…


そんなキラキラした希望は一切持っていませんでしたw


いや、こればっかりは頻尿のせいとかではなく、私個人の性格なのかもしれませんw


でも、そんな私も実はサークルに入りましたw


そのことを今日は書かせていただこうかと。


まず、入学式の日に大量のサークルのチラシをもらいました。


その日家に帰ってから、ざっと目を通しましたがどれもピンときませんでした。それも当然です。紙きれでそのサークルのことがわかる訳がありませんw


普通の学生は、その後たくさんの新入生歓迎会に参加して、自分に合うサークルを見つけます。


新歓が居酒屋などの場合、新入生の費用は半分ですんだり、無料なんてところもあります。なので、それを狙って興味の無いサークルでもとりあえず新歓に行くという、新入生特有の楽しみ方もありました。


でも、私はというと、なかなか足が動きませんでした。新歓自体は居酒屋が多いのでトイレにはいけると思うのですが、どうしてもどこかで「頻尿」が頭から離れませんでした。というか、問題は頻尿それ自体ではなかったのかもしれません。


その時の自分の性格(思考?)が、昔とは明らかに変わっていたのだと思います。


もともとそんなに積極的な方ではないのですが、それ以上に内向きな性格になっていたのだと思います。


それでも、大学に入ってからしばらくは勧誘が続きます。食堂の前でビラを配っていたり、大学になってできた友人達から「今日はあの新歓に行かないか?」と毎日のように誘われました。


さすがにずっと断り続けるのも申し訳ないので、本当に数回ですが新歓にも行きました。


でも内容はあまり覚えていませんw


そんなに心に残るものでは無かったようです。


それでも、私の中でいくつか魅力あるサークルはありました。


「軽音サークル」と「ボランティアサークル」です。


私は、高校生のときからバンド(コピーバンドですけど)をやっていたので、「軽音サークル」には自然と興味が湧きました。


何回か学内で行われるライブに足を運び、入ろうか悩みましたが結局はやめました。


サークルの会費が高かったのと、高校からのバンドが継続中だったこと、あと、おこがましいですがサークルメンバー自体の演奏技術が低かったことが理由でした。


「初心者大歓迎!」とうたっていたので、当然と言えば当然です。なかには上手い人もいましたが、バンドメンバーはライブの度にランダムに決めるというルールだったので、やめました。


もうひとつの「ボランティアサークル」に惹かれた理由も同じで、入学以前からボランティア活動をしていたためです。


こちらを諦めた理由は「頻尿」です。


大学生というだけあり、どこも大体「海外に行ってボランティア活動をしよう!」といったものばかりでした。


活動内容自体はとても素晴らしいものでしたが、やはり海外となるとどうしても「頻尿」について考えてしまいます。


国内だけでも大変なのに、海外となると「飛行機やバスでの移動」「そもそも日本と違って現地にトイレはそうないだろう」と考えてしまい、諦めました。


でもその「海外」というワードが学生にとっては魅力的なので、どこのサークルも年に一度は海外へ!というところが多かったです。


ただ、幼い頃からのボランティア経験者としては「発展途上国でボランティアの前に、自分家の前を掃除したら?」というひねくれた考えが湧いたのも事実でして…


で、最終的には、昔、家々を訪問して寄付金を集める活動をしていたときに、訪問先のおじさんやおばさんから散々どなり散らされた経験も思い出して


目の前にチラシを差し出してくるサークルの先輩達に対して


「ボランティアってそんなに甘くないよ?」「自分たちが楽しめるボランティアを選んでるんでしょ?」と言ってやろうかとまで思いました。


逆恨みもいいとこです…


しかもよく考えたら、昔やっていた寄付金集めボランティアの対象(物資の送り先)は発展途上国でしたw


頻尿でいろいろストレスが溜っていたということで、許してくださいm(__)m


いや、本当に病んでましたorz


奉仕の精神こそが重要ですよね。申し訳ないです。


で、長くなりましたが、結局何のサークルに入ったのかと言いますと


「旅行サークル」です。


・・・えっ?


と思われた方も何人かいるかとw


頻尿のやつが旅行?さっきあれほど飛行機がバスがと言っていたのに…


このサークルに入ったのには、複雑な理由があります。


まず、大学に入ってから一番辛かった英語の授業でしたが、皮肉なことにこの英語の授業で一番友達ができました。


毎日授業がありますし、強制的に英語で会話をさせられ、グループを組まされて作業もさせられるので、よっぽどの変わり者以外は友達ができます。


突然英語で会話をしろと言われても、そもそも日本語ですら初対面で話す内容なんてたかが知れているので...


最初は皆趣味の話や中高の部活の話、新しく入ったサークルの話が中心です。また、ペアやグループはランダムに決められるので、自然と男女問わず知り合いが一気に増えます。


で、そこからだんだん友達になっていくという訳ですが、その友達の一人に「サークルを作りたい!」というやつがいました。


「サークルに入りたい」ではなく「作りたい」というのが面白いなと思ったので、あまり深く考えずに乗っかることにしました。


最初は数人だったのですが、一ヶ月も経つとメンバーは男女合わせて4~50人になっていました。しかも全員一回生。


という感じで、面白いと思ってなんとなく協力して作ったのが旅行サークルだったというわけですw


なので、旅行に行きたかったのではなく「設立すること」がおもしろそうだったので入った次第です。ちなみに私の会員ナンバーは2番ですw


さらに言うと、いろいろな理由をつけて旅行には一度も行っていませんw←おい!


旅行は好きですが、気心の知れた友人と行くのが好きです。頻尿になってからは、なおのことそうなりました。


でも、サークルで旅行をするのは長期休暇の間だけで、その他の期間はBBQをしたり、日帰りの観光をしたり、文化祭では店を出したりと、他のイベントも充実させたので楽しく過ごせました。


なにより、良い友人にたくさん巡り合えたことがよかったです。


でも、正直頻尿でなければ絶対旅行に行きます。


この夏や卒業旅行なども、気持ちは参加したいんですけど、団体行動なのでどうしてもいろいろ考えてしまいます。


たぶん、今回も参加しない方向になるかと…



ま、でも仕方ないです!と、自分に言い訳をw



これが唯一四年間続けたサークルです。



ちなみに、二輪の免許を取ったばかりだったので、軽い気持ちでツーリングサークルにも入ったのですが、一度も参加せずに終わりましたw


あろうことか、ツーリングお誘いのメールが鬱陶しかったので一ヶ月でメールを受信拒否にするという、自己中で迷惑極まりない行動をしてしまったことを、今思い出しました。



本当に申し訳ありませんm(__)m

  1. [ edit ]
  2. 大学1回生
  3. / trackback:0
  4. / comment:4

電車とバス

通学には電車とバスを利用していました。


電車は途中でも降りられるように、もちろん各駅停車です!


片道は電車一時間半、バス15分なのですが私の最初の作戦としては


「できるだけ無駄なくトイレに行く!」


でした。


ただでさえ二時間弱かかるので、トイレに行く時間をいかにうまく組み込むかがポイントでした。


電車は1回乗り換えがあります。また、乗る時間帯によっては2回乗り換えがありました。


乗り換えが一回の場合は30分乗って乗り換え、そこからまた45分ほどの乗車時間でした。


間15分は乗り換えの時間です。ですが、御存じの通り授業では1時間をなんとか我慢できても、電車ではそうはいきません。「駅の間は電車を降りれない」というプレッシャーがあるため、30分45分の乗車時間は長すぎます。


なので、最初の30分を我慢できない場合は途中の駅で降りてトイレに行きました。


朝は大体どの駅もトイレは混んでいるものですが、途中の駅は過疎っているところが多く、空いているところが多かったです。


なので、途中からは乗り換えの一つ前の駅で降りて、乗り換え駅ではトイレに行かないという作戦を取りました。こちらの方が時間的にも余裕があり、乗り換えもスムーズで席に座ることもできました。


そして、後半45分ですが、これはさすがに電車じゃなくともきついです。


しかし、これも幸いなことに途中の駅で特急や快速の通過待ち時間が10分程ありました。


この間を狙って、トイレにダッシュ→再び同じ車両へ
みたいな作戦でうまくやりました。


なので、トイレの回数としては、最寄駅で1回、途中駅で2回から3回、大学最寄駅(バスに乗る前)で1回の4回~5回ほどでした。


数字で見ると、ものすごい数ですねw


乗り換えが2回のときも、大体は同じ感じでしたが、少し回数が増えることもありました。


ちなみに今は最寄駅と大学最寄駅の2回だけです。中1時間半はほとんど大丈夫になりました!


行きだけでこれだけの回数行って、授業でいきなり1時間半も我慢することになるので、頻尿的にはものすごく悪影響でした。


頻尿の基本としては、トイレに行く回数をどんどん減らして、間隔を広げる訓練をするべきなのでしょうが、それを無視した方法だったので、授業中の尿意も酷いものでした。


じゃあ通学時の回数を減らせるかといったら、そうも行かず、大変でした。


またバスは乗車中の15分間と待ち時間も合わせたら25分くらいはトイレに行けなかったので、毎日冷や汗でした。


さすがにそれが苦しすぎたので、秋からは中古の原付を買って、大学最寄駅の駐車場に置きましたw


まあでも、バス代は往復400円だったので、4年間で見ると車両代、駐車場代、油代、全て含めてもかなりお得でした。なにより、待ち時間がないので大学までは15分もかかりませんでした。こればかりは、最高の選択をしたと自分を褒めてやりたいですw


行きがあれば帰りもある訳で…


帰りの電車はというと・・・ほぼ寝ましたw


もちろん乗車前はトイレに行きますが、その後はぐっすりでした。


心療内科で貰った薬の効果が、ここで発揮されますw


授業中は緊張であまり効果を発揮してくれないのに、安心した途端効いてきます。


一日の始まりは電車とバスで頻尿→授業で更にレベルの高い頻尿→授業に比べたら電車なんて平気
みたいな感じで、帰りの電車では乗り換え駅で一回トイレに行くだけでした。


また、時間の縛りもないので、安心して降りる駅を通り過ぎることもしばしばでしたw


でも、次の日になると、また電車=緊張=頻尿に逆戻りです。


あと、人身事故や車両事故、フミキリへの立ち入りなどで電車がよく止まりました。駅と駅の間なんかに止まった時の恐怖は計り知れないもので、一時間ほど止まった時は絶望でした。あれは途中でトイレなどで出たくなった場合、どうするのが正解なのでしょうか?今でも謎です。


というか、そのような事故が起こらないことが一番の解決策なので、それを切に願ってやみません。


少なくとも1回生の間はこんな感じでした。

  1. [ edit ]
  2. 大学1回生
  3. / trackback:0
  4. / comment:4

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。